tokyo-kai.cominformationreportguideedoyosetwitter




太鼓台新調御披露目式典!新居浜市


「太鼓台新調御披露目式典〜令和4年5月5日」

上部地区・岸之下太鼓台の新調御披露目式典が5月5日に新居浜市萩生の特設会場にて実施されました。

新型コロナウイルス感染症の影響により延期となっていた事も合わさり、早朝より多くの観衆が待ちわびる中、午前7時半に呼び太鼓が鳴ると差し上げたまま新調・岸之下太鼓台が威勢よく登場。眩しい朝日に一際輝く金糸の飾り幕と2尺5寸を誇る自慢の太鼓を響かせながら氏神である萩岡神社へと参りました。

御披露目式典会場には先代岸之下太鼓台・先々代岸之下太鼓台(香川県坂出市 濱中太鼓台)・岸之下子供太鼓台が合わせて展示されており、世代や県境を超えた地域交流はもとより萩岡神社の御膝下の地区としてのこれまでの深く長い歩み(軌跡)を感じる事が出来ました。

■岸之下太鼓台

[飾り幕の図柄・上幕]
倉稲魂神と五穀豊穣、 吽形の山鷲と月
素戔嗚尊の疫病退散、 阿形の海鷲と太陽

[飾り幕の図柄・高欄幕]
祐徳稲荷神社、 狐の嫁入り奉献塔にて
八坂の西楼門と子獅子、 夫婦唐獅子と四季牡丹

飾り幕製作:(株)金鱗
新調日:令和4年5月5日

「三代目岸之下太鼓台の布団締め(高木縫氏製作)の特徴であるスタイリッシュなフォルムをベースに岸之下太鼓台の躍動感を取り込み、うねりのある物へと昇華させた布団締めである。
−うねり巻尾の布団締め解説・金鱗合田縫師−」

新居浜太鼓祭り東京會|2022.5|hometokyo-kai.com


令和三年度・新居浜太鼓祭り新居浜市


「令和三年度・新居浜太鼓祭り」

新型コロナウイルス感染症の影響により昨年に続いての中止となった新居浜太鼓祭り。県外在住者にとっても帰省の予定を立てることもなく例年とは異なる秋を迎えました。

地域の小規模行事としては、新居浜市内の上部地区上泉太鼓台と大生院地区(飯積)喜来太鼓台、そして隣接する西条市の飯岡地区(飯積)の野口太鼓台、飯岡本郷太鼓台などが地区内運行や展示などを実施。
また各神社にて神事や奉納行事などが執り行わられ、日頃の感謝と疫病退散などの祈りが捧げられました。

日本全国で祭礼や伝統行事の在り方までもが問われたコロナ渦の令和社会。
長い歴史を誇る新居浜太鼓台においても大事な局面を迎えているとの声も耳にします。

太鼓の音を響かせた地区、太鼓の音を響かせなかった地区、それでもきっと〜想いはひとつ。

感染拡大や行動制限などまだまだ多くの不安が残る難局の中で「来年こそは」の強い意志を胸に新居浜太鼓祭りの静かな3日間が過ぎて行きました。


新居浜太鼓祭り東京會|2021.10|hometokyo-kai.com


即位礼正殿の儀・新居浜祝賀行事新居浜市




「即位礼正殿の儀・新居浜祝賀行事」

10月22日、即位礼正殿の儀を祝う式典・催し物が新居浜市内でも実施されました。

各神社での祝賀祭をはじめ、市民文化センター周辺では太鼓台の競演、新居浜グルメ大物産展、餅つき餅投げ等のプログラム。

眩しいほどの陽射しの中で行われた太鼓台競演では市内の川西地区、川東地区から11台の太鼓台が勢揃いして順に担ぎを披露。
豪快かつ華麗な各太鼓台の勇姿に訪れた多くの観衆から拍手が送られていました。

■即位礼正殿の儀・新居浜祝賀行事

出場太鼓台一覧
(川西地区)
新田太鼓台、江口太鼓台、久保田太鼓台、
金栄太鼓台、庄内太鼓台、口屋太鼓台

(川東地区)
澤津太鼓台、東雲太鼓台、山端太鼓台、
白浜太鼓台、東浜太鼓台

尚、この日の模様はNHK全国ニュースなどでも放映されました。

新居浜太鼓祭り東京會|2019.10|hometokyo-kai.com


令和元年度・新居浜太鼓祭り新居浜市










「令和元年10月16日17日18日(大生院地区15日16日17日)」

令和時代を迎えた新居浜太鼓祭り!
新居浜市内の川西地区、川東地区、上部地区、大生院地区の総勢54台の太鼓台が出場しました。

16日と17日は天気に恵まれましたが、祭り最終日となる18日はあいにくの空模様。
それでも降り頻る雨の中、各太鼓台はかきくらべや宮入を行い祭りフィナーレを飾りました。

「ふるさと新居浜を離れ都会に住む若者たちも
正月や盆に帰らなくても太鼓祭りには帰ってくると云う」

「実りの秋の数日を太鼓と共に歩き太鼓の響に酔いしれ
そして勇壮なふるさとの男祭りの心を受け継いでいくのである」

新居浜太鼓祭り紹介番組
(南海放送/昭和60年−62年放送)

新居浜太鼓祭り東京會|2019.10|hometokyo-kai.com


太鼓台新調御披露目式典!新居浜市






「太鼓台新調御披露目式典〜令和元年10月13日」

令和元年度に新調を迎えた大生院地区の喜来太鼓台と上本郷太鼓台、川東地区の多喜浜新田太鼓台、川西地区の大江太鼓台の御披露目式典が新居浜市内各会場にて実施されました。

川西地区の大江太鼓台では早朝より多くの担き夫(担ぎ手)が集まり、新旧の太鼓台が揃って一宮神社へ。
本殿前ではこの日で先代となる現太鼓台(昭和44年新調・高木縫師/平成11年金糸替)が威勢のいい掛け声とともに差し上がり、訪れた観客から一宮神社境内での最期の勇姿に惜しみない拍手が送られていました。

そして午前10時、御披露目会場にて新調太鼓台披露。
金鱗の合田縫師による飾り幕の説明や各関係者の挨拶、鏡開き、餅投げなどが行われてセレモニー終盤に待望の新調太鼓台の運行となりました。

■令和元年度新調太鼓台

大生院地区・上本郷太鼓台
(平成5年新営、令和元年金鱗にて新調/飯積神社祭礼)


大生院地区・喜来太鼓台
(平成8年新営、令和元年伊藤商店にて新調/飯積神社祭礼)


川東地区・多喜浜新田太鼓台
(市内初の自治会製飾り幕、令和元年金鱗にて新調)


川西地区・大江太鼓台
(昭和44年高木縫師にて新調、平成11年横山縫師による金糸替、令和元年金鱗にて新調)

新居浜太鼓祭り東京會|2019.10|hometokyo-kai.com